劇団銀石「naska-ナスカ-」@吉祥寺シアター 2011.8.19

劇団銀石「naska-ナスカ-」@吉祥寺シアター 2011.8.19

 

 

劇団銀石「naska-ナスカ-」を見てきました。

 

この演劇についてずっと考えていたけど、 頭のなかで整理できない…。

停滞したと思ったら急激に進む展開、情報量の多さ、言葉遊びを含む詩的なセリフ。

前 時代的でもあり近未来的でもあり、かなり不思議なバランスの上に成り立った美しい物語だった。なぜか「マカロニほうれん荘」「ジブリ」「ディズニーシーの ショー」を思い出した。キャップを斜めにかぶった人が鼻の下を人差し指でこすって「テヘヘ!」みたいな感じ…。「そーうこなくっちゃ!」 って言って、上体をひねって砂埃とともにバビューン!って走り去るみたいな感じ…。そんな人たちに何度も置いてきぼりをくらいながら「それも悪くない」と よろよろと追いかける、みたいな歪んだ楽しみ方をしてしまった。なのでこの作品の真髄を味わいつくせたというわけではないが、その中にも爽やかでピュアな メッセージのようなものが受け取れた、と思う。(INGEL)

comment

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。