【Off Broadway】Outside PEOPLE

【Off Broadway】Outside PEOPLE

UPDATE 2012/01/20 17:57

Off  Broadway                 

オフ・ブロードウェイとは、NYマンハッタンの比較的小さい劇場で上演される演劇のこと。ストレート・プレイ、パフォーマンス、1人芝居、ダンス、ミュージカルなど様々なジャンルの作品が上演される。新人の俳優、脚本を積極的に採用する実験的な上演が多く、若手舞台アーティストたちの登竜門でもある。

INGEL NYでは、毎月オフ・ブロードウェイのおすすめ公演情報とともに、その舞台に携わる様々な人のインタビューをお届けしていきます。

第一回目は「Outside PEOPLE」

 

Outside PEOPLE

 

解説

場所は現在の北京。大学時代の友達、中国人ダオ・ウエイの誘いで彼の会社で働く ことになったアメリカ人男性マルコム。そこで紹介された中国人女性シャオ・メイと恋に落ちる。彼女の事を愛しながらも、言葉の壁、考え方、文化の違いにに 戸惑いを感じ始めるマルコム。お互いを思う気持ちは本物の愛と信じたい半面、2人の関係に疑問を持ち始める。そして、ついにマルコムは彼女に正直な自分の 思いをぶつける日が来るが…。

 

脚本

Zayd Dohrn

舞台監督

Evan Cabnet

キャスト

Matthew Dellapina, Nelson Lee, Li Jun Li and Sonequa Martin-Green.

 

劇場: Vinyard Theatre: 108 East 15th Street New York, NY 10003

 

期間: 2011年12月21日〜2012年1月29日

火曜日 19:00

水曜日~金曜日 20:00

土曜日 15:00/20:00

日曜日   15:00

 

チケット料金:$70-$100

チケット購入はウエブサイトもしくはお電話で。

www.VineyardTheatre.org 212-353-0303.

 

 

 

 

 

INTERVIEW

Nelson Lee / ネルソン・リー   Da Wei “David” Wang役

台湾生まれ。5歳の時にカナダに移住。その後、1998年にNYの演劇学校 「The Academy of Dramatic Arts in New York City」入学をきっかけにNYで活動を行う。近年テレビ出演、映画出演の機会が増えLAに移住。現在「Outside People」出演のためにNYに滞在中。

 

Q : このショーについての見所を教えてください。

Nelson:このショーの見所は、ストーリーの面白さです。はっきりとした答 えが分からないまま、まだ続きがあるかのようにショーが終わります。なので、観客は「なぜ」という疑問を抱くと思うんです。そして、その疑問と共に劇場を 後にし、各自自分なりにストーリーを理解されるでしょうね。余韻楽しめるという内容の複雑さに面白みがあると思います。

 

Q : このショーのストーリー、そして役柄について聞いたときどう思われましたか?

Nelson:自分が演じる「Da Wei “David” Wang」は、学生の時にアメリカの大学に留学してきていた中国人学生。アメリカでアメリカ人になりきれず、自国中国に戻り「アメリカ人」のように振る舞 います。私自身、子供の頃台湾からカナダに移住したとき、学校で中国人は私1人でした。社会に溶け込むためにカナダ人になりたいと子供心に思ったこともあ りました。自らの経験と似た境遇なので、この役柄は直ぐに理解することができました。

 

Q : このショーに出演するにあたり、大変だったことは何ですか?

Nelson:やはり役作りですね。「Da Wei “David” Wang」自分と似たような境遇をもっていましたが、すべてが同じというわけではありません。Da Waiの少し傲慢で偉そうなところ等、私の性格とは異なるので、それらも含めて彼のキャラクターを表現しなくてはいけませんから。

 

Q :Outside People は、出演キャラクターが4名ですが、オフブロードウエイのような少人数のショーについてどう思いますか?

Nelson:ブロードウエイショーと異なりキャストメンバーも少ないので、ステージ上でもそれ以外でも共演者と共に過ごす時間も多くお互いを良く知ることができるので、それは演技にもとても役立ちます。

 

Q : テレビ、映画と観客の前でのライブパフォーマンスはどう違いますか?どちらが好きですか?

Nelson:テレビや映画だと、完璧なシーンをカメラにおさえますが、観客の 前でパフーマンスをするということは最高の演技をその場で提供する事です。観客の反応に左右されてはいけないのですが、毎日変わる観客のエネルギーによっ て、ステージに立つ自分達のエネルギーも変わってきます。

 

Q : 今後の目標は?

Nelson:今は映画のプロジェクトをやっていますが、機会があればもっと演劇もやっていきたいと思います。

 

comment

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。