ままごと「あゆみ」②  川上恵里(やまのいゆずる)の感想

 

ままごと「あゆみ」@森下スタジオ 2011.12.2 _____________________________________________________________

「はじめまして」
「なつかしい」?

お気楽に飛び込んだその箱の中には、ある程度の緊張感と、
ある程度の笑い顔と、
これからはじまる得体の知れない物語への期待、様々な顔があったんです。

はじめてだった。

何も無い…

セットも、少しだけでも高くなっている舞台も、無数の照明や何もかも。
そんななにが起こるのか全く解らない空間で、「あゆみ」ははじまった。

何も無いトコロからはじまった「あゆみ」は、数人の女子によって作り出されて組み上げられていった。
めまぐるしくも華麗にあの頃のあんなことやこんなこと(主には女子的)が見下ろす位置で、兎にも角にもめまぐるしく。

私にも憶えのある小さい頃のアノ経験、感覚、引き返してやり直したい取り戻したいコト。
私にもこれから起こり得るであろう出会い、別れ。
女子の一生が、数人の女子によって代わる代わるにダッシュにダッシュで繰り広げられた。

そこには音楽は無く最小限の光と床。
全てを身だけで表現していた数人の女子はとても眩しくて力強かったな。
声や足音や、風や空気の音が、熱や影が、もうそれ音楽になってたな。

「あゆみ」

わたしに初めてを沢山くれました。

女で観られて良かったなと思います。

単純には、彼女達にあっぱれです!

女子。
観てみて。
嬉しくなると思いますよ。

まだまだ途中なんだなと。

_____________________________________________________________

川上恵里(ミュージシャン やまのいゆずる

やまのいゆずる

Ba+Vo+Syn=川上恵里 
Gt+Vo+Syn=∴NEU譲
supportDJ=DJマイミク

2007年 結成
2008年 コーネリアス「sensuous flagments」リミックスコンテスト入選
2010年 サマーソニック2010 出演
1st album『Hello Music Voyage』リリース
2011年 初監督映画 『限界までいこうZe★』
円盤国際映画祭2011グランプリ受賞

THEラブ人間決起集会【下北沢にて’11】出演◎

→ more information