BABY-Q「FACES BLANK」

BABY-Q「FACES BLANK」

 

2011年5月5日

 

BABY-Qのダンス公演「FACES BLANK」を観てきた。

 

ひとつひとつの動作、物の使い方、音、すべてに「全廃」が貫かれていた。

3.11の震災以降の日本、世界。しかし問題は今に始まったことではない。

前作「わたしたちは眠らない」でも東野祥子さんは警笛をならしてたのかもしれない。

とにかく「今」見たかった、「今」の感覚だった。

真っ向からの「攻め」の表現。リスペクト!! (INGEL)

 

→ BABY-Q Official

 

自分の中でずっと眠っていた、なにかとてつもないイメージが喚起させられる舞台でした。

なので、上演中、ずっといろんなことを考えていました。

 

音と色と生々しい人間の動き、全体の波長というか、リズムが生理的でムズムズ。

ダンスが主軸の舞台はあまり観ていませんが、こんなことってあるんですね。

 

繋がっていない夢を人に伝えるのが難しい時のように、うまく言葉になりません。

しかし、次も必ず観たい、BABY-Q。

 

 

INGEL★R

comment

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。